So-net無料ブログ作成
-| 2008年12月 |2009年01月 ブログトップ
前の10件 | -

地盤調査 [セキスイハイム・シェダン]

我が家が希望していたエリアは地盤がいいと言われているが、もちろん場所によっては軟弱とは言えないまでも家を建てるには心許ない地盤の土地もある。
これまでの土地の履歴を見ると、ずいぶん以前から家が建っていたりして地盤が緩いと言う事はないようだ。
早速一般的なスウェーデン式サウンディング法で3箇所調査した所、硬い部分と柔らかい部分の差が大きいという。
改めて更に4箇所調べて貰ったところ、やはり2~3mの辺りで弱い層があるらしい。
数箇所は地盤改良が必要ないような強固な地盤が下まで続いているが、逆に数箇所が弱いとのこと。
家は無事でも地盤が悪くて不動沈下したなどという事態を避けるためにも、ここはしっかりやって貰うのがいいだろう。
ところで、家が重いと当然それを支える地盤も強固なものでなくてはならなくなる。「シェダン」が他の一戸建てに比べて特別重いということもないようだが、通常の在来軸組工法の家で建てたとしても、地盤改良は必要だった様だ。
データから、2~3mのコンクリート杭を57本打つという!57本って・・・この辺りなら最初は地盤改良も必要ないかなと考えていただけにびっくり。
釧路や石狩の泥炭地の方だと15mや20mの杭打ちは当たり前らしいが、それに比べれば可愛い物かもしれないが杭打ち工賃分の出費は痛い。
この季節、地表面は凍ってるんだけど、地番調査のプロともなれば、さすがにそれは計算済みだよね?
今度営業のHさんに聞いてみよう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

chezdan(シェダン)とは [セキスイハイム・シェダン]

北海道セキスイハイムの家は、同じハイムでも本州のセキスイハイムとは異なり、断熱仕様や積雪荷重が厳しい北海道の冬に耐えられる仕様になっている。
本州では鉄骨系で「パルフェ」、「デシオ」、「ドマーニ」そして「ハイムBj」と4規格がおなじみであろうが、北海道では外壁の違いはあるものの「ノースワード」1規格しかなかった。
この「ノースワード」だがベースは「パルフェ」とのこと。北海道仕様で断熱材などを追加装甲しているのだろう。
2005年に北海道セキスイハイムが設立30周年を迎え、記念商品として開発された「シェダン」が投入されたという。
我が家でも最初に頂いたプランは「ノースワード」だったが、「シェダン」だと国土交通省の補助金が出ると言うことでこちらへプラン変更した。カタログ上外壁220mm、屋根360mmの断熱材は「パルフェ」の倍以上、データもQ値=0.99は「パルフェ」のほぼ半分になる。
ネットで検索すると陸屋根は雨音がうるさいという評判を散見するが、この屋根の360mmの断熱材が防音材としても働き、雨音はほとんど聞こえないという。
農家のオーナーさんは雨に合わせて農作業する為、雨音が聞こえないのが逆に困るという話だ。
Q値0.99も、本州ではこれほどの断熱性能は必要ないのかも知れないが、エアコンの効きは良くなるのではないだろうか。
北海道では、特におれの住む地域は北海道の中でも寒さが厳しいエリアなので、断熱性能が優れているに越したことは無い。あとは我が家の間取りから計算してカタログデータ並みの数値になるかどうかは、また別の話になるのだが・・・。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

転がる石の如く [セキスイハイム・シェダン]

ひとたび話が進み始めると、あとは将棋倒しのように、ひとつ何かを決めると次に決めることが生まれていく。
重要事項説明、着手金の支払い、工事請負契約、土地の契約などなど。その間にも家の間取りや窓の位置・大きさ、階段の段数から何まで一つ一つの打ち合わせが必要になる。
その場で即決できることもあるが、色見本を見比べたりサンプルを見ながらでもイメージが沸かず決められないことも多い。そこで我が家担当の営業Hさんは「それなら○○にあるモデルハウスと同じ仕様なので是非ご覧になってみてください!」とか「この外壁の組み合わせなど、近所でシェダンのオーナーさんがいらっしゃいます。外見だけそっと見せてもらいましょう」と実際の建物に案内してくださるので、非常に明快に選択に必要な材料と知識を得ることが出来る。
それは親切でありがたいんだが、こんな調子でのんびりやってていいのかしら?
まだ登山口に立ったばかりで、頂上までは長い道のり。まだ頂は見えない。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

840万円キャンペーン!! [建てる前:土地探し&HM検討]

http://www.hokkaido-heim.com/reuse/index.html

そんな中、もう次のキャンペーンが始まっていた。
今回は函館のモデルハウスで建坪70坪をそのまま移築すると1100万円、54坪、43坪とサイズダウンして建てると840万円というキャンペーンらしい。
以前は「ハイム」の語呂合わせで816万円の頃があったと聞いたが、公正取引委員会だったか景品表示法だったかの絡みで今の値段になったという。
北海道内のみでのキャンペーンだと思うので、道内で検討中の方は応募してみてはいかがだろうか。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

こんにちは  さようなら [建てる前:土地探し&HM検討]

決定・・・仏教では「けつじょう」とも読む。
東に売地が出たと聞いては見に行って接面道路が細すぎるとか、西に空き地があると情報を検索すれば40坪の狭隘な土地だったり、南に優良物件と聞けば実は学区外で断念し、北がお勧めと飛んでいけば200坪の広大過ぎる土地などと、そういう落ち着かない生活にはもう疲れたんだ。
まだ見ぬ掘り出し物の物件もあるのかもしれない。しかしいつまでも探し続けてもいられないし、セキスイハイムの自社物件は確かに良い土地だと思う。
こうしてウチは「現実的選択」をすることとなった。セキスイハイムさんから急かされたようなスッキリしない気分もあるが、まあ逆に良いタイミングだったと考えることにしよう。

それは一先ず置いても、気の重い作業が待っている。
そう、平行して検討していた他社への断りの連絡だ。「他で決めました。じゃ」程度でOKな所もあるが、あれこれお世話になったスウェーデンさんは電話一本程度では申し訳ないので、直接お会いしてセキスイハイムさんに決めた旨お話させて頂くことにした。簡単にここまでの経緯を説明し、貴社で建てられない旨を告げた。
「大変残念ですが・・・。良いお家を建てて下さい!」と、言いたい事も多々あるだろうが、グッとこらえての万感をこめた短いセリフ。別れ際までカッコ良いスウェーデンさんだった。
ウチはめぐり合わせの綾でスウェーデンハウスさんでは建てられなかったが、本当に本当に勧められるお家だ。
選択肢にスウェーデンハウスが無い方は改めて見直して欲しいし、候補の一棟なら最後まで可能性を検討して欲しい。

スウェーデンハウスの方が見に来ても「この出来なら、許そう」と思えるような家を建てようと、気持ちも新たにした夜だった。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

方針の決定 [建てる前:土地探し&HM検討]

翌日早速担当営業のHさんが飛んできた。
さらに良い話があるという。
平成20年度(第2回)超長期住宅先導的モデル事業にセキスイハイムのシェダンが選ばれ、今建てると国土交通省から200万円の補助金が出ると言う。ただし北海道で限定7軒なので急がないと、ヤバイというのだ。
これまでのところ、我が家は北海道セキスイハイムの主力商品ノースワードで検討していたが、「勝手ながら」と手回しよくシェダンの図面が用意されていた。
おれが高射砲塔みたいだと評した陸屋根はそのままに、屋根には128mm高射砲の代わりに177W太陽電池が27基乗っている。

シェダンはつい昨日見に行った岩見沢工場の中に1軒モデルハウスが建っていたが、ウチのプランではなかったのでそんなに熱心には見ていなかった。ただカタログデータでスウェーデンハウスを凌ぐQ値1.00クラスを実現してるって言うのでそこは記憶に残っていた。
住宅性能的には申し分ないが、契約を急がないとならないような状況が気に食わない。
あと高射砲塔みたいな陸屋根も。
その日は、こんなこと即答できるか、と帰ってもらった。

この状況をどう思うかと、妻と相談する。妻曰く
「現状入手可能で、最も条件の良い土地はセキスイハイムの分譲地だ」と。

そんな折も折、地元建築会社SKから電話があり、分譲地の仮押さえももう長くなるので、そろそろ手付金を入れて話を進めてほしいという催促だった。
「当社の土地は北国の帝王さんの希望にぴったりだと思う。上物はともかく、土地だけは代えが効かないのだから妥協せずに(当社の土地を選んで下さい)!」と言う。なるほどと膝を叩き
「SKさんのおっしゃる通りだと思う! つきましては他社の土地の方が小学校に近く素敵なので妥協せずそっちにします。背中を押してくれてありがとう!」とお礼を述べた。電話の向こうで相手はとても動揺している様子だったが恐らく気のせいだろう。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

アタリ [建てる前:土地探し&HM検討]

生来、こういうクジとか懸賞に応募しても当たったことの無いおれだったが、
当たったんです。

いきなり序盤で。
そう、つまり1100万円ではなくやっぱり「小当たり」でした。
でも2/800程度の確率を引き当てるとは、虫の知らせが当たって空恐ろしい。
「そんな末等はうぬにくれてやる。わしらは1100万円の家を頂くわい」というような、周囲の生暖かい視線を浴びつつ、賞品の商品券を受け取った。
妻は特等が当たらず不満だったかもしれないが、多くの人が手ぶらで帰る中十分なお土産ができたじゃないか。
残りの景品の抽選も滞りなく行われ、結局1100万円の家は札幌の誰かに当たったが、会場に本人は来ていないようだった。
長い一日だったが、家作りの参考になったし、お土産も貰った。
あとは帰りのバスで「スウィングガールズ」の続きを放映してくれるかどうかが気がかりだが・・・。
と言う訳で再びバスに乗り込んで、一路帰途へついた。めでたしめでたし。


・・・言う所で話は終わらずオマケがある。
このバスの参加者の中からガソリン100L1名と、なんと「キッチン・トイレ・お風呂・洗面台など水周り設備プレゼント!」1名を抽選します!という。
虫の知らせは、こっちだったのか。バスの中を見回せば他のご家族は10組ほど。うわー、これは水周りが絶対当たる。後から断るのに難渋するぞと不思議な確信があった。
まず先に抽選されたガソリンは、我が家の斜め前方に座っていたご家族が当たった。大分値段が下がってきたとはいえガソリン100Lはありがたいですよね、おめでとう。
で、いよいよ水周り4点セットの抽選だ。いや皆まで言うな、もう分かってる。
と、ここまで前フリしたら普通はハズレというオチをつけるのが面白いと思うのだが、「当選された幸運な方は・・・北国の帝王さんです!」案の定、おれが当たった。
商品券はさておき、水周りまで当たるとは正直出来過ぎだ。仕組まれているんじゃないかと疑うほど出来過ぎだ。
抽選が終わって、「スウィングガールズ」の続きが始まったが、「恐らく1100万円は当たるまい。代わりに小当たり程度の特典に当たって契約を迫られるのではないか」という疑念が再び脳裏に去来するのであった。



いや、スウィングガールズは面白かったんだけど。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

1100万円キャンペーン [建てる前:土地探し&HM検討]

迷いを抱えたまま、ふらふらと案内があったセキスイハイムさんの完成見学会に出向いた。
そこにはいたるところに「リユースハイム1100万円キャンペーン」というチラシが置いてあり、ポスターが飾られていた。
セキスイハイムさんの鉄骨ユニットの建物だが、その特長を生かして、モデルハウスで使われているユニットをばらして他の場所に1100万円で移築しますよ、というキャンペーンらしい。
当然そういうラッキーな人は抽選で1名様なのだが、妻はもう当たったかのように喜んで応募していた。
おれは内心「恐らく1100万円は当たるまい。代わりに小当たり程度の特典に当たって契約を迫られるのではないか」と疑っていた。

ある寒い朝、バスに乗り込んで岩見沢へ向った。そこに北海道セキスイハイムの工場があり、工場の見学会を兼ねて件の1100万円住宅の抽選会が行われるという。
バスに乗り込んだ際、担当営業のHさんが封筒に今日の資料を入れて渡して下さったのだが、その封筒にあたかも「小当たり」と書いてあるかのように「うわ。これもう今日は小当たり間違いないな」と虫の知らせがあった。
つまり、1100万円はハズレたな、と言うことだ。

やがてバスは雪のちらつく岩見沢に到着。暇つぶし用にバス内で放映されていた「スウィングガールズ」のDVDがちょうど佳境を迎えており「終わりまで見せて」と言いそうになった。

さてセキスイハイムさんの工場だが、ハイムで新築を検討している人々が全道各地からバスに乗ってここに集まっているらしい。旭川・北見・苫小牧は序の口で遠くは根室からと言うから、一体何時間かけてここまで来たのだろうか。
早速ユニットの据付実演、キッチンやユニットバスの実物展示、壁紙やドアなど実物展示を拝見した。他の人たちは好き勝手におのおの見たいところを見ているようだが、我が家には担当の営業の方が一緒に回って1から10までビシッと分かりやすく説明したくださった。ただ見所が盛り沢山の為、おれの脳の容量が足りなくてオーバーフローしていたが。
そして工場のラインを見学。地震の揺れを再現する機械で関東大震災や阪神大震災を擬似体験した。娘は地震を怖がるかと思ったが、逆にアトラクションのように喜んでいた。

工場見学が終わると、いよいよ抽選会だ。むしろ妻などはこれが目当てで今日来たのではないかと思うくらい気合が入っている。
毎回1000人を越える応募があるそうだが、今回は800ちょっとと言うことで比較的高確率との事。
1100万円の抽選に先立ち、盛り上げる為に図書券や商品券や旅行券が各数名ずつ当選するらしい。
そこでまさかの結末が・・・!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

揺れる [建てる前:土地探し&HM検討]

もとより優柔不断な性格であった。
人から良いと聞けば、なるほどそうかと思い、そう思っているとあれは駄目だと聞いて、そういうものかと思う。
そう、おれはてんびん座の男。

ちょっと視点を変えるため、今回は全く見に行ったことのないモデルハウスを見に住宅展示場へ行って見ることにした。
まずはDへ。大変カッコイイお家でした。家具もガラス天板でアーバンでスタイリッシュって感じ。
おしゃれなシティホテルみたいなんだけど、生活感が無いかなと思う。
多分、どこかに旅行で1~2日泊まるなら満足するだろうけど、ここで年を取って、爺になって暮らす画像が想像できなかった。
次はT。ここも2×4の家で、結局2×4だと意匠の好みだけで、どこのメーカーでも大差ないのかなと言う気がしてきた。でもここのメーカーの営業さんは正直で裏表無く話ができる気がした。他にも数件回ろうかと思ったが、急用が入り、見学できたのはこの2軒だけだった。わずか2軒ではあったが、あえて選択肢を拡げず現在のカードの中から選んでも良いのではないかと言う気がして来た。
そういえば、この展示場の中に民事再生法申請前の某住宅メーカーもあったが、急用が入ってそこをスルーしたのは何かの虫の知らせだったのか。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

ちいさいおうち [平穏な日々]


ちいさいおうち (大型絵本 (3))

ちいさいおうち (大型絵本 (3))

  • 作者: ばーじにあ・りー・ばーとん
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1965/12
  • メディア: -


家作りを始めてから、娘に買い与えた絵本。
こんな家が作れたら良いな、と思う。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅
前の10件 | -
-|2008年12月 |2009年01月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。